マイナンバー制度導入に伴う新しい業務

マイナンバー制度では、法定調書の提出に際して従業員等の個人番号が必要となり、各企業には法に則った番号の収集・保管の義務が発生します。弊社は下記3種類のサービスをご提供します。

マイナンバー制度導入に伴う新しい業務

番号制度紹介資料

マイナンバー収集・保管・提出支援サービスの全体像

個人番号の「収集」から「保管」、帳票の「作成」 「提出」までのサービスをトータルでご提供します。
全てご利用頂くことで、貴社が個人番号を全く保持することなく、制度に対応可能です。
※NTTデータは、当サービスおける業務を、株式会社ベルシステム24 松江ソリューションセンターへ委託しています。

マイナンバー収集・保管・提出支援サービスの全体像


番号収集サービスの利用パターン

番号収集手法は、下記パターンからお選び頂けます。

マイナンバー制度導入に伴う新しい業務

マイナンバー収集・保管・提出支援サービスのセールスポイント

個人番号収集・保管・提出サービスのご利用により、自社による管理では実現が難しい様々なメリットを享受できます。

自社にマイナンバーを保持しない
マイナンバーを弊社が管理するサーバに保管することで、日々の管理業務から解放されます。
多様な収集チャネルをご用意
郵送、Webブラウザという多様なチャネルから申告できるようにすることで、御社の要件に柔軟に対応し、収集漏れを最小限に留めます。
扶養家族への追加課金なし
従業員に最初から扶養家族の項目を持たせることで、扶養家族含めて1レコードとカウントし、追加で課金しません。
政省令への確実な対応
関係省庁から常に最新情報を取得し、政省令の変化に確実かつ迅速に対応します。
高信頼のセキュリティ
特定個人情報を守る堅牢なシステムを長年、多数運用してきた実績を活用し、お預かりした情報を安全・確実に管理します。

マイナンバーサービス導入に向けたスケジュール案

本サービス利用向けた必要なタスクは下記の通りです。

マイナンバー制度導入に伴う新しい業務

その他の概要

詳しくは下記からページをご覧ください。

前提事項

下記の前提条件が必須となります。